シニア

高齢者がスマホで気軽に利用できる共済アプリ「老年版相互宝」が登場

中国
共済2
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



開設後3時間で11万人が登録
アリババ傘下の高齢者向け共済アプリ

利用者数8,000万人を超えたアリババ傘下の共済アプリ「相互宝」が、2019年5月に高齢者向けの「老年版相互宝」をリリース。開設後わずか3時間で11万人が登録したことで話題になった。「老年版相互宝」は60〜70歳が無料で利用できるアプリ。各登録者の負担金額は1元以内で、がんなどの入院、手術の際に5〜10万元(約76万〜150万円)を受け取ることができる。受け取れるのは悪性腫瘍のみで、事故やケガは対象外だ。子供が親のために登録することもできる。スマホ上で簡単に登録でき、共済金の流れなどに透明性があり、誰もが閲覧できるのが人気の理由だ。

共済4

平均寿命が急激に伸びつつある中国
高齢者向けの保険料高額化が問題視

中国の60歳以上の人口は2018年末のデータで2.5億人。特に上海は平均寿命が近年急激に伸びており(81.3歳)、日本に次ぐ世界第二位になっている。だが、高齢者向けの保険を販売している会社は非常に少なく、審査にも通りにくく、保険料が高いことが問題になっていた。そんななか、生後1ヶ月から59歳まで登録できる「相互宝」が人気となり(利用者数8,000万人)、60歳以上が使えるものをリリースしてほしいという声が高まった。

共済1