ライフスタイル

恋愛下手な男性が通うデートコーチング/インドの結婚事情に変化

インド
恋愛3eye
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



インドでは根強い見合い結婚
見合い相手はデート
アプリで探す

インドの結婚は、ほとんどが見合い結婚であり、見合い相手を探すアプリが数多く存在する。アプリでは同じカースト、出身地、職業などが選べ、両親が登録する場合が多い。「Tinder」や「TrulyMadly」などの出会い系アプリや、「Floh」といった独身者のためのイベントを開催している企業も多くある。そんな中、「デートコーチング」スタイルのコンサルティングを受ける男性が増えている。デートコーチングの講座内容は、トーク術、ボディーランゲージ、服装に関するもので、女性に接近するヒントが含まれている。デリーやムンバイ、バンガロールなど、インド全域の都市圏を中心に流行しており、講座料は、3ヶ月から6ヶ月間で、5,000ルピーから100,000ルピー(約7,700円〜15.4万円)。10年前に比べ受講者がますます増えている。

恋愛1

増え始めた恋愛結婚やビジネスのために
女性への接し方を学ぶ男性が増える

インドでは親が結婚相手を決める文化が根強く残っているため、恋愛下手の男女が多い。また、地域によっては結婚前の男女交際やデートなどが禁止されており、異性への接し方に自信がない若者が多い事実がある。しかし、インド都市部では、女性の社会進出に伴い、恋愛結婚も増え、結婚前の恋愛を楽しむカップルも増え始めた。また、ビジネスをするうえでも女性との接点が増え始め、女性との円滑なコミュニケーションをとれることは、ビジネス面での成功を収めるためにも重要になってきている。このような状況の変化により、自分自身を磨きたい男性がデートコーチングを積極的に受けるようになってきたといえる。

恋愛2