家電・IT

通院・待ち時間の短縮、予防医学まで/活用が進む医療アプリ

インド
アプリeye
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



約50万人が登録する医療アプリ
Visit Health

全国の患者と医師をつなぐ医療アプリやデバイスの活用事例が増えている。インドで2015年にローンチされた「Visit Health」は、3万5,000人の医師、1,200の診療所、4つの保険会社が加盟しており、70都市の約50万人が登録している。
アプリのインストールは無料。医師との会話やチャットは10分まで無料。そのほか、診断テスト、バイタル、身体活動、食事、バロメーターの監視、ダイエットや健康面の指導など予防医学機能も追加されており、フィットネス目的でも多くの人が利用している。また、医師や医療機関向けのスマートデバイスも発表され、病気で長期間苦しむ患者に、個別の治療提供が可能となったほか、医薬品の保管、データ管理や連絡、薬品の宅配サービスなども提供されている。

アプリ1

通院、待ち時間の短縮
今後ヘルステックはますます注目される

アプリを利用することで、患者の通院負担の軽減、診断の待ち時間短縮といったさまざまなメリットがある。利用者からは医師から迅速で的確なサービスがもらえると、満足した評価がされていた。一方で、予約の際に手違いが発生しやすい、料金の支払い方法が的確でないなどのマイナスな評価もあった。
ヘルステックは世界でも注目されており、他ジャンルの業界や政府も興味を示しているため、今後不具合はどんどん改善され、進化を遂げていくだろう。

アプリ2