家電・IT

インドで「TikTok」をはじめとする中国発アプリが使用・ダウンロード禁止へ

インド
SHEIN
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



TikTokの使用禁止に
動揺する若者たち

2020年6月29日に、インド政府が中国発のモバイルアプリ59個の使用とダウンロードを禁止した。なかにはメッセージアプリ「We Chat」や、格安ファッション通販「SHEIN」、そしてダンスを愛するインド人に大人気の「TikTok」が含まれていた。この政府の決定はアメリカにも影響を与えており、インドが禁止して以降、トランプ大統領も中国発アプリの禁止に乗り出そうとしている。インド国内でアプリの禁止に対しては、政治的要素もあり、あまりネガティブな印象はないものの、ダンスを披露する場であったTikTokが消えてしまったことに、動揺している若者も多くみられる。まだTikTokに代わるほどの画期的なアプリは登場していないが、この騒動後の8月5日に「Instagram」が開始した、「Reels」(※15秒の動画を投稿できるTikTokのような機能)で、ダンス動画を投稿するようになってきている。


この投稿をInstagramで見る

INDIAN REELS(@indin_reels)がシェアした投稿

インドと中国の国境付近で
軍の衝突が出たことがきっかけ

インドでは3月22日から始まったCOVID-19に対するロックダウンを、6月末まで4回に渡って延長した。そんななか行われた中国アプリの禁止令は、ステイホームで外出するなど普段通りの生活ができないことも相まって、TikTokユーザーを中心にショックが拡がった。
禁止の表向きの理由は、情報保護など国家の安全のためといわれているが、禁止が発表される9日前にインドと中国の国境付近で軍の衝突が起き、インド側に死者が出たことが理由とされている。
アプリの禁止だけでなく、中国製品の不買運動も一部で起きている。禁止になって最も動揺があったアプリはTikTokで、インドの日刊紙「The Economic Times」の2020年7月9日の記事によると、インドにおけるユーザー数は2億人を占めており、実に国民の6人に1人が利用していたことになる。TikTokは、ボリウッド産業に見られるように、ダンスが大好きなインドの国民性にぴったりであり、自身の才能を世界に向けて簡単に発信できるツールとして、自己顕示欲の強いインドの若者に愛されていた。

携帯ショップ