食・飲料

エアアジアの機内食が食べられるレストランがオープン

マレーシア
santaneye
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



飛行機に乗らなくても
機内食が食べられるレストラン

2019年12月3日、クアラルンプールのマレーシア最大級のショッピングモールMid Valley Megamallに、エアアジアの機内食が食べられるレストラン「Santan Restaurant」がオープンした。おいしい東南アジア料理を提供することで話題のエアアジアの機内食が、飛行機に乗らなくても食べられるという。 メニューは、Padang beef rendang(ココナッツミルク、スパイス、ハーブでビーフを煮込んだもの)、nyonyacurry Laksa(魚介カレー麺)、Fried Chicken with namprik(フライドチキン)、Chicken sate with peanuts sauce(チキンの串焼きとピーナッツソース)などがあり、一番人気は、Pak Nasser‘s Nasi Lemak(ココナッツライスとサンバルソース)。サンバルソースの味が絶品と好評だ。値段はリーズナブルで、ドリンクとセットでRM12~15(約295~369円)ほど。ウェブサイトから予約も可能なので、待ち時間がないという利点もあり、観光客の利用も多い。
santan2

機内食リニューアルのPRを兼ねて
レストランをオープン

エアアジアの機内食は、以前はスナック類かサンドイッチのみであったが、2015年には他国の人にも東南アジア料理をおいしく食べてもらいたいと、ユニークな機内食をスタートした。Santan Restaurantは、これまで評判があまり良くなかった機内食がリニューアルし、おいしくなったことのPRと、飛行機の利用者以外にも自信のある料理を食べてほしいということでオープンしたと考えられている。 3~5年の間には国内で100店舗のフランチャイズオープンを目指し、エアアジアグループCEOのTony Fernandesの夢はニューヨーク、タイムズスクエアにもオープンすることだという。世界各地にSantan Restaurantを見かける日は近いかもしれない。

この投稿をInstagramで見る

#SantanGotYou🇲🇾(@santan.asean)がシェアした投稿