ライフスタイル 教育・育児

COVID-19の影響でFacebookを活用した「C to Cビジネス」が急成長

ミャンマー
3_OB
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



若者に向けたキャリアスキルや自己啓発
外国語のオンライン教室などが人気

2018年にスマホ普及率が90%を超え、国民のほとんどがインターネットにアクセスできるようになったことで、オンラインでのC to Cビジネスが盛り上がっている。また、COVID-19の影響もあり、Facebookを活用した新たなビジネススタイルがミャンマーで定着しつつある。
Phyo Phyo Aungは、若者に人気のインフルエンサーで、2017年からFacebookページ「Chance Myanmar」を立ち上げ、自身の留学経験から学んだ知識や情報を発信している。2020年7月、オンライン教育プラットフォームを立ち上げ、androidのアプリを通して、若者に向けてキャリアスキルや、より豊かに生きるための自己啓発講座を開始した。
Phyo Phyo Aungは本の出版やTEDで講演を行うなど、成功した起業家として憧れの存在であるが、モデルや女優と異なり自分達に近い人物という感覚もあるため、「自分も頑張れば成功できる」という勇気を与えている存在でもある。「Chance Myanmar」のFacebookフォロワーは約49万人、Phyo Phyo Aung個人のFacebookも約40万人のフォロワーがいる。Facebookからオンラインコースの受講(49,000ks~99,000ks/約3,800円~7,700円)に繋げており、既に3万人以上の受講者を集めている。
民主化したミャンマーでは、自由への意識が広まり、ビジネスで成功したい、スキルを磨きたいと考える人が増えている。COVID-19発生以降、さらにこの傾向が強まり、スキルを身につけるための講座や、外国語のオンライン教室が人気になっている。それにともない、自宅でオンライン教室を始める人も増えており、Facebook上で日本語と日本についての情報発信を行っている  khet chanは、 2020年6月7日のページ開設からわずか2ヶ月で約5,000以上のフォロワーを集めている。

 

インターネット=Facebook
Facebookがシェアを占めている理由

ミャンマーでは、インターネット=Facebook というイメージがあるほど、Facebookの人気が高い。これはインターネットが普及した当初、ミャンマー語の文字であるZawgyiフォントにGoogleが対応していない中、Facebookが先にミャンマー文字に対応したことにより、ユーザーシェアを獲得したためである。その結果、今でもFacebookがメインのインターネットツールとなっており、各通信業社は顧客獲得のために、Facebookの通信料を割り引くなどのプロモーションを行なっている。

3_OB1