ライフスタイル

新しいレストラン選びの基準は衛生面。レビューサイトが「Be Safe」マークを付与

タイ
besafe1
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



COVID-19感染防止対策をする
レストランには「Be Safe」マークを表示

2020年5月から、タイではレストランの営業が再開し、店内での食事が可能になった。レビューサイト「Wongnai」は、利用者が安心してレストランを利用できるように、COVID-19の安全・衛生対策をとるレストランに、「Be Safe」マークの付与した。
「Be Safe」は、座席の間を1メートル以上離す、従業員は常時マスク着用、入店者数を制限するなど、タイ政府が定める飲食店再開の条件を満たすレストランからの申請に基づき、Wongnaiレビューサイト内の店舗紹介画面に表示される。
利用者は、お目当てのレストラン検索時に、レビューやメニューだけではなく、店内での食事は可能か、ウイルス対策は万全かなどを確認した上で、安心して外食を楽しめる。安全面で不安を感じた場合には、WongnaiのサイトからLINEMANデリバリーサービスへ移動し、デリバリーまたは事前に注文して受け取れるピックアップサービスを選ぶことも可能だ。今後のレストラン選びには、味や雰囲気、価格だけではなく、衛生面の安全性も重要なポイントとなりそうだ。

besafe