ライフスタイル

COVID-19で不動産もオンライン販売へ切り替え

ベトナム
apartment
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



Stay home, Buy home
公開1ヶ月で600件の成約

2020年4月、不動産開発と販売を手掛ける大手グループ「Vinhomes」が、不動産物件のオンライン販売サイト「Vinhomes Online」をローンチした。「Stay home, Buy home(家にとどまり、家を買おう)」をコンセプトに、情報を極力透明化させるため、取り扱い物件周辺の都市計画、販売ポリシー、詳細な価格などをインターネット上に公開。年中無休で24時間対応できる投資コンサルタントを常駐させ、オンラインや電話を介して、いつでも不動産物件の購入ができる。さらに、 最大7,000万VND(約31万8,000円)の「リモート割引」といった特典もある。
サイト上では、15億~35億VND(約648万~1,596万円)相当の物件が並んでいるが、サイト公開以降、20万人が訪れ、600件の成約があった。

apartment3

高額商品のオンライン販売により
今後販売商品の幅が広がる見通し

ベトナムは近年不動産投資市場が成長を続けており、地場不動産会社「DKRA」のレポートによると、ホーチミン市のコンドミニアムの販売価格は2015~2019年で50%前後上昇している。業界を引っ張る「Vinhomes」の母体は「VinGroup」で、小売、製造、教育、ヘルスケアなど、幅広い分野で展開するベトナム国内のコングロマリット企業だ。
「Vinhomes」は、商用不動産事業の「Vincom」と合わせ、グループ全体の売上8割を占める。高額商品という性質から不動産売買は、COVID-19による外出自粛措置で影響を受けると思われたが、オンライン販売という大胆な戦略を打ち出した。業界最大手で、信用度の高いVinhomesだからこそ実現できたと言える。この動きから今後オンラインショッピングの取り扱い商品の幅が、大きく変わると見られている。

apartment2