食・飲料

タロイモとチーズのとろけるさまが魅力/インスタ映えするトーストサンドが話題

台湾
sandwitch3eye
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



台中発祥のタロイモサンドが
さまざまなアレンジで続々登場

タロイモのトーストサンドが話題となっている。トーストされたパンにボリュームのあるタロイモペーストが挟まれたものや、ヨーグルトとタロイモを混ぜたジューシーなタイプなどさまざまなタロイモトーストサンドがSNSにアップされている。発祥はタロイモの産地がある台中。台中のサンドイッチ人気店「暮香炭烤土司」の店主は、もともとタロイモが好きで、2年ほど前に卵焼きと一緒に挟んだタロイモサンドを開発したところ、爆発的な人気となったと語る。
新北の人気店「拾玉天然飲品」では、チーズと混ざり合ったタロイモペーストがとろける様子を客が写真に撮り、SNSにたびたびアップしている。いずれも価格は50~55元(約175~190円)。そのほかタロイモと台湾伝統の甘い肉デンブ「肉鬆」と合わせたものなど、新しい味が続々と誕生している。

sandwitch2

「とろけるタロイモ」がSNS上で
一躍ブームに

台湾ではタロイモを使用したスイーツが日常的に食べられており、ケーキやアイスクリームでもタロイモ味は定番だ。そこに昨今のSNSブームが重なり、タロイモの薄紫色が写真映えすることや、アジア全域でチーズのとろけるさまをアップするのが流行っていることから、とろけるタロイモが一躍ブームになっている。サンドイッチ以外にも、以前から販売されていたタロイモドリンクも売れ行きを伸ばしており、各店舗でさまざまなバリエーションが増えている。


この投稿をInstagramで見る

麒麟航空 Kirin Air Line🖤💙さん(@mickey_leaf)がシェアした投稿