ライフスタイル

タイ初出店の「DON DON DONKI」が人気/家族で1日過ごせるエンタメスポットに

タイ
Donki1eye
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



ドンキビル内には
和食レストランや
カラオケボックスも

2019年2月、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」がタイ・バンコクに「DON DON DONKI」をオープンした。DON DON DONKIは、5階建てのDONKI Mall Thonglorの1~2階に入っており、日本産の生鮮食品や弁当類、菓子、化粧品や薬、日用品に加え、ガチャガチャコーナーなどが、日本のドン・キホーテと同じように所せましと陳列されている。和食の中でもタイ人に馴染みが深い刺身、しゃぶしゃぶ用の豚肉や、焼肉用の和牛、いちごや桃といった季節の果物のほか、日本旅行のお土産の定番である抹茶味のキットカットなどが人気である。
同モールの3~5階には、和食レストランが多数入っているほか、タイでは珍しいバッティングセンターがあるスポーツエンターテイメント施設「D-スポーツ」やカラオケボックスもあり、ショッピングだけではなく家族で休日を過ごすことのできるエンタメスポットとなっている。ドン・キホーテは、2020年までに日本国内外の支店を500店舗まで増やす計画で、タイ国内の多店舗展開もあるだろうと見られている。


この投稿をInstagramで見る

Don Don Donki Thailandさん(@dondondonkith)がシェアした投稿

日本製品を安く購入できると喜ぶ半面
文化の違いを戸惑う点も

ディスカウントストアのドン・キホーテは以前より知名度が高く、日本に旅行するタイ人が必ずショッピングに立ち寄る場所といっても過言ではない。このため、タイ国内の初出店は大きな関心を集めた。タイでは、日本の食品や日用品、化粧品は安全で品質が良いと捉えられており、DON DON DONKIでは日本製品を他店に比べて安く購入できるとあって喜ばれている。また、タイ人が大好きなサーモンの握り寿司や弁当類を、イートインコーナーで食べたり、タイでも人気のあるアニメのキャラクターグッズやコスプレ用品をアニメファンが購入しているようだ。
タイの一般的なスーパーやショッピングモールと違い、DON DON DONKIでは会計後の袋詰めが日本同様にセルフサービスであるところ、また、駐車場が少なく使いにくいところなど、初めて利用する人には戸惑う点もあるが、休日には多くのタイ人買い物客で賑わっている。

Donki-2