ファッション ライフスタイル

第二のVivy Yusofを目指して/都市部を中心にファッション起業家を目指す女性が増加

マレーシア
vivy2
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



都市部の女性から圧倒的な支持を得る
Viviy Yusof

セレブリティーファッション起業家を目指す都会のマレーシア女性が増えている。彼女たちの憧れは、Vivy Yusofだ。Vivyは、ブロガーやユーチューバーの先駆け人だ。10年前からこつこつと身の回りの出来事を発信し、その後、Instagramなどのソーシャルメディアを駆使し、セレブリティーファッション起業家として有名になった。さまざまなデザイナーの洋服を集めたセレクトショップ「Fashion Valet」と自身のファッション・コスメブランド 「dUCk」を立ち上げ、全て大成功を収めている。
Vivyは夫婦で起業しており、セレブ起業家として非常に多忙なかたわら、3人の子どもがいる幸せな家庭も築いていることも、結婚が絶対とされるイスラム教の多くの女性に支持されている理由だ。2017年には雑誌「Forbes」の30歳未満のカテゴリーにおいて、アジアのトップ30に輝いた。

vivy3

マレーシア女性の起業は
ファッション関連から始めることが多い

マレーシアでは、会社勤めをするより、自分で起業したいという意欲を持つ人が非常に多くいる。なかでも女性は、ムスリムの女性用スカーフであるトドゥンといった小さなファッションアイテムからビジネスをスタートすることが多い。理由は、多くの女性の興味と重なる上、小規模からスタートすれば銀行からの融資がなくとも可能であること、万が一、失敗しても大被害とならないからだ。ファッション視察のために海外に行ったり、セレブとして有名となる日を夢見て、都会女性は日々ビジネスチャンスをうかがっている。

 vivy1