エンターテインメント

現地オファー殺到!モンゴルで大人気の沖縄クリエイティブ集団「CHAKA LAND」

モンゴル
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

ミュージックビデオがSNS上で話題となり
KFCモンゴルなど現地からのオファーが殺到

沖縄発のクリエイティブ集団「CHAKA LAND」が歌う”Mongol tsuiwan her we(ツォイワンどうですか?)”が、モンゴルでブームを巻き起こしている。2021年4月25日、Facebookにこの曲のデモバージョンを投稿したところ、モンゴル人から続きが聴きたいという熱烈なメッセージが殺到。その後、5月4日に開催された日本最大のモンゴルイベント「Havriinbayar」にオンラインで出演を果たす。その様子をYouTubeに投稿すると、1か月で40万回以上再生されるほど、モンゴル人の間で大人気となった。2022年6月末現在、94万回再生を超えている。この動画の人気に目を付けた、KFCモンゴルからオリジナルCMの製作を依頼され、CMの制作・出演も行っている。2022年3月にモンゴル訪問をすると、人気アーティストとのコラボやテレビ出演などで引っ張りだこに。日本・モンゴル外交関係樹立50周年、そして8月にウランバートルで開催される「Japan Festival」に参加予定ということもあり、CHAKA LAND旋風はまだまだ続きそうだ。

日本人がモンゴル語で歌う姿に
モンゴル人の郷愁や共感を呼ぶ

2020年3月上旬から、モンゴルは防疫厳戒態勢を取り、学校はオンライン授業、娯楽施設は営業停止、国内移動は制限され、外国からの入国も原則禁止とされた。そんな状況の中、モンゴル人のソウルフードである「ツォイワン」(焼うどんの様なモンゴルの家庭料理)を食べたいと、モンゴル語で日本人が歌う姿は、新鮮で面白いだけでなく、コロナ禍で鬱屈としていたモンゴル人の郷愁や共感を呼んだ。モンゴルのSNSはFacebookが中心だったことも、最初に投稿されたデモバージョンが一気に話題になった要因。2022年3月のモンゴル訪問で、テレビ番組への出演やモンゴル人アーティストとのコラボを行ったが、その交渉のほとんどはFacebookのチャットで行われた。現在モンゴルツアーのため、「夏のモンゴル遠征応援T-shirt」を発売中。