ライフスタイル

ミャンマーのインフルエンサーは慈善活動に積極的?!/インフルエンサーマーケティングが活況

ミャンマー
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

モデルやインスタグラマーが
インフルエンサーとして活躍

インターネットの普及で、ミャンマーでもインフルエンサーを活用したプロモーション活動が増えている。「BRAND’S」という健康サプリを販売するメーカーでは、自身がモデルをするかたわら、モデル育成も行い、若い女性のファンが多いTin Moe Lwinをインフルエンサーに起用し、販売促進を行なっている。スキンケアブランドの「Dr.Face」は、約150万のInstagramフォロワーも持つインフルエンサーDee Dee Burmese Vlogに、商品の感想をアップさせている。商品紹介ページには、1万を超えるいいね!と、160以上のコメントが寄せられている。Dee Dee Burmese Vlogは、ミャンマーのインフルエンサーの代表的な人物で、企業からのスポンサー契約や商品の宣伝などを主に行なっている。
人気となるインフルエンサーは、多額の寄付を行うことが多い。ミャンマーでは寄付文化が根付いるため、多額の寄付をしている成功者や富裕層が、尊敬や憧れの対象となるからだ。Tin Moe Lwinも自身の運営するモデル育成塾の売り上げから、毎月20万円以上を慈善団体へ寄付しており、国民からの人気も高い。


この投稿をInstagramで見る

I Love Travelling(@mayzunewin)がシェアした投稿

電化率50%に対し
スマホ所有率は100%を超える

2018年に通信業者による価格競争が起こったことで、それまで高額だった通信料が1GB、100円台となった。それにともない、インターネット普及率は90%以上、スマホ所有率は100%を超えるまで市場が成長した。テレビよりも、スマホでSNSにアクセスすることが多いミャンマーでは、インフルエンサーの情報を判断材料にする人が多く、Webマーケティングの重要性が増している。