美容・健康

Z世代の間で脱毛需要が高まるフィリピン/低価格で施術を受けられる脱毛サロンが人気

フィリピン
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

大手ショッピングモールへの出店が多く
利便性の高い脱毛サロンが人気

2020年頃から、フィリピンの若者の間で脱毛の需要が高まっており、 FacebookなどのSNS広告やショッピングモールで脱毛サロンを見かけることが多くなった。K-POPアイドルやハリウッドセレブのファッションの影響、SNSに自撮り写真をアップすることなどによって、脚など肌を露出するファッションが人気となり、より肌を綺麗に見せるため、脱毛への関心が高まった。
フィリピンで人気の脱毛サロン「SkinStation」では、美肌になると評判のダイオードレーザー脱毛機を導入しており、複数回の施術パッケージを販売。予約することでどこの店舗でも施術を受けられるシステムになり、大手のショッピングモールにはおおよそ出店しているため、利用者にとって利便性が高くなっている。一番人気のメニューはワキ脱毛で、4回分で2,500ペソ(約6,130円)と、1回あたり約2,000円と低額。ブラジリアンワックス脱毛は、4回で6,500ペソ(約15,940円)。病院でレーザー脱毛を受ける場合、1回で5,000ペソ(約12,261円)程度かかるため、比較的安い価格で脱毛を受けることができる。「SkinStation」の他、「Belo」などの脱毛サロンがショッピングモールへの出店を積極的に進めている。

若い世代を中心に脱毛への意識が変化
10代の利用者が多く、親が子へ勧める場合も

一年を通して温暖な気候のフィリピンだが、 10年ほど前までは女性が脚を露出することに対して、ネガティブなイメージが強かった。しかし、韓国や欧米のファッショントレンドによって、若い世代を中心に意識が変化している。親世代である40~50代の現地フィリピン女性数名にヒアリングしたところ、元々フィリピン人は体毛が濃い人が多く、特に眉毛や腕の毛が濃いため、子ども時代に”Unggoy(猿)”とからかわれた経験がある人も多い。そのため自分の子どもには、嫌な思いをさせたくないということから、親が子どもに脱毛を勧めているという。「SkinStation」によると、脱毛を希望する最も多い年齢層が10代になり、施術を受けた10代の約50%が、親の勧めによって脱毛の施術を受けたという。本人が望んで脱毛を受けるパターンだけでなく、親が勧めることも多いことが、脱毛需要拡大の背景にある。