エコロジー

若者目線を意識した脱プラスチックが加速/他分野にも広がる

ベトナム
Plastic_2
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



おしゃれな若者が手に取りやすい
エコストローセットを開発・販売

プラスチック製の使い捨てストローを、米粉や竹、ステンレス、紙、ガラスなどリサイクル可能な自然素材に変更する動きが加速している。自然素材のストローに変更するカフェやレストランの数が増えたほか、飲食店以外でもホテルやスーパーマーケット、航空会社など他業界での提供も広まってきた。
脱プラスチックは若者が中心となって担うトレンドであることから、エコであることのほかに、おしゃれであることを兼ね備えているのが特徴的だ。エコストローを提供する店では、オリジナル商品として、ストローの内側を洗浄できるブラシとセットでストローを販売しているケースも多い。チョコレートカフェ「Maison Marou」の竹ストローとブラシ(セットで2万ドン/約90円)は、店のロゴが入った綿の巾着に入れることで、若者層の目をひくような工夫をしている。また、オリジナルストローを販売することで、エコに積極的に取り組む企業というブランドイメージをアピールすることもできる。
脱プラスチックの動きはストローだけでなく、ビニールのレジ袋からエコバッグ、プラスチックのコーヒーコップからタンブラー、ビニールの野菜包装からバナナの葉など、他分野にも広がっている。

Plastic_3

 

米粉や竹製ストローの輸出等
新しい産業形態としても注目

1年に約180万トンの廃プラスチックを出しているベトナムだが、そのリサイクル率は約27%と低調だ。海洋投棄されたプラスチックごみの量も世界で4番目に多い。深刻化するプラスチックごみ問題から政府は、2025年まで使い捨てプラスチックごみゼロの目標を掲げた。それにともない、若者の間で環境意識が高まり、数年前からプラスチックストローを使わない動きがスタート。米粉や竹製ストローの輸出も進められているほか、ベトナム環境ファンド「グリーンベトナムファンド」が、植物の茎製ストローを生産する地場グリーンジョイ社に40億ドン(約1,828万円)を出資するなど、産業形態の1つとして注目されており、今後の発展、拡大に期待がかかる。

Plastic_1