ライフスタイル

礼拝も教会やモスクに行かずに自宅から/オンライン礼拝が一部で浸透

インドネシア
礼拝1
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



クラスター発生を恐れ
礼拝もオンラインを活用する動き

COVID-19の蔓延で、礼拝や大きな宗教行事でのオンライン活用が一部で進んでいる。Jakarta Praise Community Church(JPCC)は、日曜礼拝でオンラインストリーミングを活用している。また、4月に行われたキリスト復活祭(イースター)では、通常は教会に集まり、大人数で集団礼拝を行うが、今年はオンラインを活用した。You Tubeでもイースターに関連する多くの動画が配信され、自宅から各々イースターのお祈りを捧げた。 イスラム教では、集団で行う金曜礼拝の必要性に関する議論が続いていたが、国としては集まりを禁じる方針を打ち出している。イスラム教において着目すべきは、4月24日より始まったラマダン(断食)の過ごし方だ。ラマダンでは日々の断食明けは、同僚や友人、家族と一緒に過ごし、分かち合うことが通例となっている。しかし現状ジャカルタは、大規模社会制限下にあり、外出自粛が要請されているため、オンラインツールがラマダンにどのような影響を与えるのか注目が集まる。メディア企業のKapanLagi Youniverseは、ラマダン初日に、ZOOMを活用したBuka Puasa(断食明け)のイベントを開催。今後も毎週末に開催していくという。

この投稿をInstagramで見る

JPCC(@jpcc)がシェアした投稿

宗派によってさまざまな議論
しかし政府は禁じる方針を示す

韓国で宗教礼拝がクラスターになる事例が生じたため、世界的に宗教行事であっても集まりを自粛する動きが強まった。インドネシアでも様々な議論がなされているが、政府としては禁じる方針を示している。なお、ラマダン明けの帰省についても、ヨーロッパで都市部からの帰省により地方へCOVID-19が広まったため、インドネシア政府も同様の事態を恐れ、ジャカルタからの移動制限を表明している。

礼拝2