ライフスタイル

ペットフレンドリーにシフト!アフターコロナのショッピングモール事情

フィリピン
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

ペット同伴OKのショッピングモールが増加
会員証の発行や割引などペット向けサービスが充実

2022年5月、コロナの外出規制が緩和され、フィリピン人の娯楽であるショッピングモールにも、コロナ以前のように行くことができるようになった。そんな中、コロナ禍に急増したペットと一緒に入店できるショッピングモールが増加している。フィリピンのショッピングモールはいくつかの系列があるが、代表的なシューマート系列とアヤラ系列の多くのショッピングモールで、ペットと共に入店ができるようになり、ペット関連のショップや、飼い主が旅行中に利用する宿泊ペットホテル施設もオープンしている。マニラ首都圏にある大型ショッピングモール「Estancia Mall」では、ペット用の会員証を発行。お店の割引サービスや、ペットの誕生日にはバースデーケーキがもらえるサービスを提供している。ペット関連のショップとして人気なのが、「Barkin‘ Bakes Healthy Pet Food」などのペットフードのお店。似顔絵入りの特注ケーキや、手作りのクッキーなどを販売している。

ステイホームによって高まったペット需要
ショッピングモールが快適な散歩の場に

フィリピンの長いロックダウン中に、ステイホームでの癒しのため、ペットを飼う家庭が急増した。また、ペットの散歩はロックダウン中も外出理由として認められていたため、外出をする口実のためにペットを迎えいれた人もいた。外出規制が緩和され、モーリング(ショッピングモールに長時間いて、食事やウィンドショッピングを楽しむこと)が可能になると、コロナ禍にペットを飼い始めた人の集客を狙い、各ショッピングモールがペットの入店を可能とした。フィリピンは気温が高く、路上にはゴミも多いため、エアコンが効いていて安全なショッピングモールは、散歩をする場所としても評判となっている。