食・飲料

広がるタイのロボット活用/人手不足解消&非接触型サービスを提供!

タイ
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

「MK」や「Yayoi」など人気レストランの他、
スーパーマーケットでもロボット導入の動き

タイの飲食や流通業界でロボットの導入が広がっている。タイ大手外食チェーン「MK レストラン・グループ」は、2021年にタイスキレストラン「MK」や和食レストラン「Yayoi(やよい軒)」で110台の配膳ロボットを導入し、2022年には355店舗530台まで増やす方針を明らかにしている。「MK」では配膳ロボットの「MKロボット」に人名のような名前を付けたり、Facebookで「配膳ロボットを見つけたらコメント欄にコメントしてね」と呼びかけるなど、ロボットに親しみを持ってもらう取り組みも行っている。また、流通大手「セントラル・グループ」では、デパートの食品売り場や系列スーパーマーケットで商品案内ロボットを配置。系列のレストランチェーン「かつや」などには配膳ロボットを導入している。製造業の「BRAINWORKS」は、ロボットがコーヒーを淹れてくれる「ROBOSTA Café」を開発し、レストラン向けにロボットを納入したり、バンコクの大手私立病院内にカフェの出店などを行っている。

thailand_robot_002

人手不足を解消するため
導入企業は増加傾向に

大手外食チェーン店などではコロナ前から配膳ロボットを導入していたが、コロナ禍を経てロボットの導入が本格的に広がってきている。コロナウイルス感染拡大に伴い、飲食店の営業が規制されると、地方からバンコクに来ていた従業員の多くが地元に帰省。2021年末からレストランはほぼ通常営業になり客足も戻っているが、地方からバンコクに帰ってこない従業員もいて、飲食業で人手不足が問題になっている。配膳ロボットは、一度に人間よりも多くの物を運ぶことができるため、サービス提供のスピードが上がる。利用者側は店員との接触を避けることができ、安心・安全と感じることもあり、ロボットを受け入れている傾向にある。SNSなどでは音声でのコミュニケーションを期待する声もあり、「MK」では誕生日ソングを歌うサービスなどの導入を検討している。

thailand_robot_003