旅行

48時間限定の旅行攻略法がSNSで人気に!Withコロナの新しい旅の形

中国
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

PCR検査陰性証明の提示によって
旅行に対するハードルが高まる中国

2022年夏以降、中国の主要都市の多くで定期的なPCR検査が実施されている。上海市では2022年11月時点、2〜3日に1回の全体検査を実施中。店舗への入店や地下鉄などの利用には、72時間以内の陰性証明が必要になっている。また、高速鉄道、飛行機、宿泊などには48時間以内の陰性証明が必要となっているため、旅先で48時間を超えた場合は、旅先でPCR検査コーナーを探さなければならず、旅行に対するハードルが上がっていた。

このような背景もあり、48時間以内に帰宅できる旅行法がSNS(特に小紅書)で人気になっている。旅先でいかに効率よく見どころをまわり、名物を食べ、写真撮影スポットを探すかなどの攻略法を多くのSNSユーザーが投稿しており、どれも人気を博している。観光客を呼びたい地域が、48時間以内でまわれる場所などを紹介して観光客誘致を行っているケースも増えている。

効率よく旅行を楽しむ攻略法が
SNSで代表的な人気ジャンルに!

コロナ以降も中国人の旅行熱は冷めやらず、国内の知られざる場所や近くても異国感を楽しめる場所など、さまざまな旅情報がSNSに投稿されている。効率よく、見どころを見逃さずに安くまわる旅の攻略法は、SNSでは代表的な人気ジャンルになっている。そんな中、ご時世に合った攻略法としてSNSユーザーたちが「48時間旅行」を投稿し始めた。コロナ以降、大勢で移動するツアーや団体旅行は下火になり、個人旅行が主流になったことも一因だ。自家用車やロードバイクでの旅行、近場でのアウトドアやグランピング、トレッキングなど、個人の趣味の範囲での少人数旅行も主流になっている。