ライフスタイル 美容・健康

「病気予防」から「免疫力」へ。変化するベトナム人の健康観

ベトナム
1健康意識
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

具体的なキーワードで
健康関連商品の売り上げも増加

COVID-19以降、ベトナム人の健康観に変化が見られるようになった。もともと健康意識は高かったが、従来の「病気をしない」といった漠然としたものから、「免疫力を高める」といった、より具体的なものに変化した。「免疫力」というキーワードが国内でブームになったことから、ハチミツや健康食品を販売しているスアン・グエン・グループは、COVID-19後、販売額が4~5倍に増加。ビナT&T輸出入サービス社も、免疫力を高める青果の需要が増えたことで、売上高がCOVID-19以前と比べ30%増となった。今後、国内に青果店2店舗をオープンする予定だ。

1健康意識1

即効性を求め
サプリメントも人気

健康に対して、即効性を重視するベトナム人は、サプリメントを好んで摂取する。健康食品や化粧品のOEMなどを行うシイレによると、2019年に健康食品市場で需要が高かった商品上位群は、すべてサプリメントだった。COVID-19後は、カルシウムやビタミンといった従来のサプリメントから、「スピルリナ」など免疫力向上に効果が高いサプリメントへ人気が移行した。今後もしばらくこの傾向が続くとみられる。

 


この投稿をInstagramで見る

Sức khỏe và Làm đẹp(@haiquynh.net.dn)がシェアした投稿