食・飲料

注目されるベトナムのローカルフルーツを使った缶入りコンブチャ

ベトナム
Kombucha second fermented fruit tea with different flavorings. Healthy natural probiotic flavored drink
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

パッションフルーツやマンゴーなど
14種類のフルーツフレーバーコンブチャ

健康志向の人を中心に、ベトナム産のフルーツなどを使ったコンブチャが注目を集めている。コンブチャとは、「紅茶キノコ」とも呼ばれる乳酸発酵ドリンクのことで、免疫力アップや美肌効果、疲労回復効果などがあるとされ、世界的に健康や美意識の高い人から支持されている。
ベトナムでも、以前からコンブチャを販売している店はあったが、欧米人を中心とした一部の人が購入しているだけで、ローカルの間では一般的ではなかった。しかし、近年の健康意識の高まりによって、オーガニックショップやカフェなどでも売られるようになり、ローカルの間でも注目されるようになってきた。
STAR KOMBUCHA」は、ベトナムでコンブチャを普及させようと、2019年に販売を始めた会社で、ベトナム人の口に合うように、パッションフルーツやマンゴー、レモングラスなど、地元産のフルーツのフレーバーを使っているのが特徴だ。発売当初は10種類の味を展開していたが、現在では14種類に増えている。価格も1缶あたり30,000vnd(約143円)と、他のコンブチャに比べると手頃である。また、常温保存が可能な缶入りドリンクにすることで、一般的なスーパーやコンビニでも扱いやすくした。そのことも、普及を後押ししている。

健康のほか環境にも配慮
缶入りドリンクのイメージを覆す商品

ベトナムでは収入の増加や生活の変化により、健康や美容に対する意識が急速に高まってきている。特にCOVID-19の流行以降は、免疫力を上げる食べ物や飲み物に注目が集まっている。これまでのベトナムにおけるコンブチャは、輸入品か自家製のものが主流だったが、輸入品は価格が高く、味もベトナム人の好みには合わないものが多く、自家製のものは、安全性や品質に問題のあるものも多かった。
STAR KOMBUCHAは、ベトナム人の嗜好に合わせた味、市場に流通させやすいパッケージの商品を開発した。健康志向の高まりに合わせて、製造に必要な最低限の砂糖のみを使用し(ベトナムの缶入りドリンクは大量の砂糖が使われている)、これまでの不健康な缶入りドリンクののイメージを覆した。また、缶の素材はリサイクル率の高いアルミニウムを使用しており、環境にも配慮している。