食・飲料

事業者間の競争が激化するフードデリバリー。新たな戦略の可能性

タイ
フードデリバリー1
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loadingお気に入りに登録する

AD

シゴトタビ

AD



2020年前半のフードデリバリーは
注文件数が前年同期比150%

タイ・カシコン銀行リサーチセンターによると、COVID-19によるレストランの閉鎖の影響で、2020年前半のフードデリバリーサービスの注文件数は前年同期に比べて約150%増加、2020年全体では80%前後の増加となると見込まれている。タイでは2015年ほどからフードデリバリーサービスが定着し始め、現在では「LINEMAN」「Grab Food」などが主な事業者となっている。
COVID-19によるロックダウンで利用が急増すると、事業者間の競争も激化。プロモーション対象商品が1セット注文すると、もう1セットおまけでついてくるキャンペーンや、50%以上の割引や送料無料になる商品も多く、フードデリバリーの方が外食するよりも安価で手軽に済む場合も多い。フードデリバリーサービス事業者の中には、より効率的なデリバリーに向けて「クラウドキッチン」をオープンするところも出てきた。複数の食品業者を1か所に集めて、セントラルキッチンを利用して調理。利用者側からすると複数の店舗から注文しても送料が1か所分で済み、お得感がある。

フードデリバリー2

外食・中食文化のタイと
フードデリバリーの相性は良い

タイは従来より外食・中食文化である。夫婦共稼ぎの家庭が多く、渋滞を避けて早朝や夕方遅くに車で通勤・通学するため、都市に住む人は、朝食から夕食までを外食・中食で済ませる家庭がほとんどだ。フードデリバリーサービスは、タイ人のライフスタイルにマッチし、徐々に生活に浸透してきていた。事業者間の競争で、選択肢が広がり、利用者は各社のサービスを比較しながら、よりお得な商品を選ぶことができる。また、高校生など若い世代でも気軽にタピオカミルクティーやファーストフードのデリバリーを注文するようになっている。
カシコン銀行の上記調査によると、2020年後半以降は外食も可能になりデリバリーサービスの増加傾向は落ち着いてくるものとみられている。今後は、クラウドキッチンのように新たな戦術を用いて、より効率的なサービス提供手法が模索されていくものと思われる。


この投稿をInstagramで見る

Grab Thailand(@grabth)がシェアした投稿