美容・健康 食・飲料

健康的な食への関心が高まるフィリピン/海外発のヘルシースイーツショップが続々オープン

フィリピン
facebookでシェア
Twitterでツイート
Loading

「Koomi」や「Nine Fresh」など
ヘルシースイーツの人気ショップが登場

オーストラリア発のヨーグルトドリンク店「Koomi」が、2020年にフィリピンにオープンし、続々と店舗を増やしている。2022年11月時点では、フィリピン国内に43店舗を展開するほど、急成長を遂げている。「Koomi」のドリンクは、ヨーグルトにフルーツをいれ、ミキサーにかけて提供している。人気のメニューは、バナナとベリー類が入った「Banana Dance With Some Berries」(175ペソ/約425円)。メニューは現在15種類あり、フルーツやナッツを追加できる。価格は115~175ペソ(約280円~425円)程度になり、タピオカミルクティと同じ価格帯で販売されている。砂糖とミルクを大量に使ったタピオカミルクティより、健康的なイメージがある。ヨーグルトの甘さは、甘いフィリピンブレンドと甘さ控えめなオージーブレンドから選べるほか、中に入れる蜂蜜の量も選ぶことができ、自分の好みにカスタマイズできる。

「Koomi」と同時期にシンガポールから「Nine Fresh」という、豆腐やゼリーに豆や白玉をのせる中華系のデザート店もフィリピンに上陸。豆腐と仙草ゼリーが入った「Nine Fresh Signature」などがあり、100ペソ(約253円)前後の価格となっている。デザートのほか、フルーツや豆乳の飲み物も販売しており、甘さが0%から100%まで選べるようになっている。甘くなければデザートではない食文化から、甘さ控えめなデザートや甘さを選べるシステムが広がりつつある。

健康意識の高まりから伝統的なデザートや
ドリンクの代替として人気となっている

フィリピンでは甘いデザートやドリンクを好む傾向がある。しかし、コロナ禍に肥満や糖尿病のリスクが指摘されたため、健康的な食への関心が高まっている。ハロハロ(フィリピンの代表的なかき氷デザート)やタホ(豆腐に黒蜜とタピオカをかけた伝統的なデザート)などフィリピンのデザートは、かなり甘い味付けのため、その代替になる海外の甘さ控えめのデザートということで、人気になっている。フィリピンは砂糖を自国で生産できる国だが、無計画な輸出をした結果、国内での砂糖の値段が高騰。2022年9月にはフィリピン人が好むコカ・コーラが一時生産を中止する事態になった。フィリピンの成人の7%が糖尿病を患ってるというデータもあり、この砂糖価格の高騰や砂糖不足という問題を、糖尿病予防や健康改善に活かそうという考え方も生まれている。